ヘアケア アドバイス3

今回は界面活性剤について!

先日のブログにも書きました様に化粧品の基本構成は

水+油+界面活性剤です。

この界面活性剤にも種類が多数あります。

石鹸系

石油系

植物系

アミノ酸系など

なかでも多いのが市販で販売されている物は石油系が80パーセント近く使われています。

界面活性剤の働きは気泡洗浄作用といって泡をたてる成分です。

石油系は洗浄力が高い為、少ない量でも泡がよくたちます。

泡はよく立つのですが、髪の毛や肌にはかなり負担がかかります。

カラー剤の色落ち パーマ後のダメージやカールの崩れもこの洗浄力が影響します。

フケ 皮脂の過剰分泌などもこの泡の成分が影響します!

ぜひお使いのシャンプーを見直して頂ければと思います!!!

ご予約はCONTACTからネット予約可能です!

24時間 定休日関係なくお問い合わせ可能です!

安城市 大山町1−12−25 安城第22 東海ビル101 

美容院 美容室 VOYAGE

#お悩み #頭皮チェック #化粧品 #シャンプー #ヘアケア #お店のこだわり #アドバイス

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags